北九州市議会議員選挙 北九州市議選 維新全員初議席

2013年01月28日

北九州の政治というのは、普段そこまできにしていませんでした。
良人が選ばれたら良いですね。
北九州を正しく盛り上げてイケる人がベストです。

ニュース詳細
北九州市議選 維新、みんなが初議席
1月28日 4時17分

先月の衆議院選挙後、初めての大型の地方議員選挙となった北九州市議会議員選挙は27日に投票が行われ、自民党と公明党は候補者全員が当選し、選挙前の議席を維持する一方、民主党は3議席減らしました。
また、候補者を初めて擁立した第3極の日本維新の会とみんなの党は、それぞれ立候補した3人すべてが当選しました。

任期満了に伴う北九州市議会議員選挙は、27日に投票が行われました。
開票の結果、自民党は立候補した19人すべてが当選したほか、公明党も11人全員が当選し、両党は選挙前の議席を維持しました。一方、民主党は現職3人が落選して選挙前の10議席から7議席に減らしました。
共産党は選挙前から1議席減らして9議席、社民党は1議席減らして2議席となったほか、ふくおか市民政治ネットワークは選挙前の1議席を確保しました。
また、近畿以外の地方選挙に候補者を初めて擁立した日本維新の会と、北九州市議会議員選挙に候補者を初めて擁立したみんなの党は、いずれも立候補した3人すべてが当選しました。
無所属は6議席でした。
今回の選挙は、先月の衆議院選挙後、初めての大型の地方議員選挙となり、各党とも幹部が相次いで応援に入るなど、夏の参議院選挙も見据えた選挙戦を繰り広げました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130128/k10015099941000.html



posted by 北九州市立大学生(北九大)と北九州市の小倉
at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。